スポンサードリンク

行方不明者捜索のコツ

行方不明者を家族で探そうとおもっても、とにかく闇雲に探しまわっても意味はありませんし、そのような捜索方法を考えているようなら今すぐ中止して、もう一度計画を練りなおしてください。

 

なぜなら、行方不明者がもしも事故や自殺、もしくは何らかの犯罪に会って殺されてしまうような場合、生存率が維持されるのはわずか7日

 

さらに3日を過ぎた時点でその確率は70%まで引きあがってしまいます

 

つまり、無駄な捜索を行って時間を割いている間に、行方不明者の命はどんどんと細くなってしまうのです。

 

的確な調査を効率的に行わなくてはならないため、その命を最優選するならば、技術もノウハウも人員も豊富な探偵が調査を依頼するのが一番です。

 

しかし、そのための費用をどうするのか?もしも貯金が無い場合には、捜索費用そのものが家族そのものを崩壊させる危険があります。

行方不明者捜索のコツ

 

そこで、今回は費用を抑えて、なるべく家族だけで行方調査を行うためのコツについてご説明させて頂きますので、家族の捜索に役立ててください。

捜索範囲の限定

家族だけで行方調査を行う場合、その人数は大変限られたものとなるので、効率的に短期間のうちに行方不明者を発見するためには、その捜索範囲を限定する他ありません。

 

しかし、捜索範囲をどのように限定して良いのか解らないからこそ無駄な捜索をおこなってしまうのですから、いくら捜索範囲を限定して欲しいといっても家族は困ってしまうだけですよね?

 

では、一体どのように捜索範囲を限定すべきなのか?
その方法については以下の項目を参考に実行してみてください。

交友関係範囲の決定

行方不明者の捜索にかかせないのが、行方不明者の交友関係の範囲を特定です。

 

行方不明者が未成年者の場合、その殆どは友人や知人をつてに宿泊場所を確保しています。
そのため、捜索範囲を限定するためにも、まずは本人の交友関係について詳しく調べるようにしましょう。

 

恐らく、そんな事をしている暇があるならすぐさま外に飛び出して探したいと考えている人が殆どかもしれません。

 

しかし、行方不明者が出た場合にはまず対象者の知人や友人などについて調べ、その相手に電話を掛けて行方不明者について尋ねましょう。

 

ちなみに、最近ではSNSやインターネット上で知り合った相手の先に宿泊先を求めるケースもあるため、表向きの交友関係ばかりを調べていてはいけません。

 

SNSやインターネット上での知り合いを探すためには、パソコンのこされた履歴を使い、行方不明者の持つアカウントを特定しなければなりません。

 

もしも家族にそのような知識や技術を持つ人間が少なければ、信頼できる知り合いに頼んだり、インターネット調査のみに限定して探偵社に頼むのも良いでしょう。

 

この様な作業は出来るだけ捜索前に行うのが望ましいですが、もしも心当たりがある地域があるようならそちらを優先するか、家族の一人が交友関係に関する調査を行うなどの連携プレイで乗り越えるようにしましょう。

立ち寄り範囲の限定

行方不明者が行きそうな建物や店舗などの範囲を限定することは、プロである探偵もまず真っ先に行います。

 

建物や店舗などを特定するためには、まずは行方不明者の生活良く思い出す事が大切です。

 

行方不明になる前にハマっていた事、普段から日常的に行っていた店など、とにかく行方不明者の好みや趣味、生活習慣を紙に書き出して行き、その中でも行方不明という特集な状況の中でも行きそうな場所をピックアップしていきます。

 

例えば車に乗っている人間の場合、行方不明になった先でも車に乗って移動している場合が多いのですが、車を運転するためには必ずガソリンスタンドに立ち寄らなくてはなりません。

 

そこで、普段その人物がどんなガソリンスタンドに行っていたのかを思い出せば、日本に幾つもあるガソリンスタンドの中でも特定のスタンドを選び出す事が出来ます。

 

また、家出をした人間はなるべく安い宿泊先を求めるため、最近ではインターネット喫茶を利用する人が多いのですが、日本中には幾つものインターネット喫茶があるので、どの店舗に入るのかは誰にも特定できません。

 

しかし、普段行っていたインターネット喫茶の店舗や、好みのインターネット喫茶の種類などが解っていれば、数多くある店舗の中から捜索範囲をさらに狭める事が出来るのです。

行方不明者捜索のコツ:立ち寄り範囲の限定

 

もしも普段の好みが解らないようであれば、行方不明者が使用したレシートやカードの履歴などを確認してみましょう。それを見ればかならず良く利用する店舗が解るはずです。

地理的範囲の特定

行方不明者捜索の要は、行方不明者がいったいどの地域に向かって移動しているのかを特定し、その地域に直接赴いて捜索活動を行うことです。

 

この方法は大変アナログですが、実は未だに効果がある捜索方法で、難しい技術も必要ないことから、御家族で行う捜索活動でも最も役に立つでしょう。

 

ただ、行方不明者の行き先については、そのための情報が出そろわなくてはならないので、普段の言動を良く思い出したり、パソコンの履歴を調べるなどして、確実に手掛かりを探しましょう。

スポンサードリンク