スポンサードリンク

行方不明になりやすい人物とは

行方不明になる人物にはある特徴があるため、実は行方不明になる前の段階からその可能性を判断できます。

行方不明者になりやすい人物

 

行方不明となって、自殺や事故、そして犯罪に巻き込まれては手遅れですから、自分の大切な人間にその特徴がないか、以下の項目をチェックして確かめてみましょう。

精神疾患を抱えている

行方不明者の統計の中でも、行方不明者になる人間の半数近くはなんらかの疾患に掛かっていることが伺えます。

 

特に精神疾患者は現状につかれ果て、ここではないどこかに行こうとフラリとだれにも連絡をせずに姿を消す場合が多いです。

 

ただし、そうした逃避行同は結局自殺願望へとつながりやすく、はじめから死ぬつもりで行方不明なったり、行方不明になっている最中に死を思いつき、人生の最後を迎える人も少なくありません。

 

また、重度の精神疾患をわずらっている人間の場合、失敗なのはOD(オーバー・ドーズ)といわれる向精神薬や睡眠薬の大量摂取後の行方不明です。

行方不明者になりやすい人物:精神疾患を抱えている

 

このような状態で行方不明になった人物の場合、自殺も心配ですが、なにより事故や犯罪に巻き込まれる恐れがあるので、ご家族はあまり目を離さないでください

金銭的に困窮している

金銭的に困窮している人物の場合は様々な理由で行方不明となりやすくなります。

 

まずはじめ失踪と原因となるのは生活苦を原因とした行方不明です。
この場合、病気で働けなくなってしまったり、年金が少ない高齢者などに多く、その目的のほとんどが自殺となっているため、失踪者を助け出すには何よりも早期発見が優先されます。

 

続いて多いのが、借金や収入の低さなどで家族とトラブルになった結果行方不明となってしまうパターンです。

 

この場合、行方不明となったのちに自殺する可能性は低いかもしれませんが、中にはさらにカードなどで借金を重ねたり、より多額の負債を発生させてしまうような自暴自棄な人もいるので、出来るだけ早めに発見したほうが良いです。

家庭環境に問題がある

日本の行方不明者の半数以上は未成年による家出となっていますが、家でをする子供の家庭環境はやはりなんらかの問題が生じている場合が多いです。

 

特に子供が家でをする家庭は、貧困や家庭内暴力、もしくは片親が居ない等多くの問題を抱えていることが多く、その犠牲となっている子供は決して少なくはありません

 

これは非常に残念なことですし、特に女手一つ、男手一つで子供を育てている親子さんにとっては、子供が行方不明になった原因が自分にあると強く自分を責めてしまう人も居ます。

 

しかし、問題は必ず解決できるものですし、行方不明になった後の子供たちは、みなそれぞれ自分の親の大切を知って必ず戻って来るはずです。

 

しかし、未成年の行方不明は誘拐やなんらかの犯罪に巻き込まれる確率も高いため、行方不明になった場合は必ず早急に捜索を行ってお子さんの安全を確保しましょう。

職場環境に問題がある

成人後に行方不明となる人間は劣悪な職場環境に適応できずにストレスをためたせいで、自ら姿を消す人も少なくありません。

 

こうした人物の場合、一時的にストレスさえ解放できればまた職場に復帰できたり、職場を変えることで健康を取り戻すこともできるでしょう。

 

しかし、ストレスに対する耐性が弱くなる40代以降の人間が失踪した場合は、決して元の職場に戻れる可能性はありません。

 

特に管理職についている人間の場合、自分が失踪したことによって会社におわせた損益、または無責任な行動によって裏切った多くの人々への後悔の念が強まると、戻るに戻れなくなってしまい、結局は自殺してしまう人も居ます。

行方不明者になりやすい人物:職場環境に問題がある

 

また、職場のみならず家庭環境にも問題がある場合は、より自殺の可能性が高くなる傾向にあります

身体的障害や疾病

事故によって体の一部を失ったり、回復の見込みのない重度の疾病にかかった人間の場合、その事実を告げられた時点で絶望感に最悩まされ、せめて最後ぐらいは自分の好きな死に方で死にたいと、突然消息を絶ってしまう場合があります。

 

こうした人間が失踪するのは何も障害や疾病に対するショックのみならず、その後働けないことから起きる金銭的困窮も原因にあります

 

しかし、こうした問題は回りのケアや福祉にかんする知識によって変わったり、生活保護の手続きを受けられるか否かによっても大きく変わるので、行方不明や自殺の可能性を事前に考慮し、早めに手出すけをしてもらえればと思います。

まわりが手を差し伸べるかどうかで変わる

行方不明となる場合、
その人間に問題があると考えるのは大きな誤りです。

 

行方不明になる人間の多くは、環境によって起きる事故のようなものであり、事前に行方不明になることの危険性や、その後の人生への安定を与えてあげれば、そのほとんどは行方不明とならずにすみます。

 

行方不明者になりやすい人物にはまわりが手を差し伸べるかどうかで変わる

そして、それは本人の手ではなく、周りの人間の手によって出来ること。

 

自分の家族や友人に上記に当てはまる様な人物が居たら、自身の良心に従い、迷わず手を差し伸べましょう。

スポンサードリンク