スポンサードリンク

特異行方不明者に認定してもらう方法

警察に捜索願いを出しても、それだけでは殆ど捜索活動に期待ができず、他県などに移動されていた場合にはまず発見は不可能になってしまいます。

 

しかし、もしも特異行方不明者の届け出が行われた場合、少なくとも警察が積極的な捜索活動を行ってくれるため、行方不明者の捜索活動にもかなり期待できるかもしれません。

特異行方不明者に認定してもらう方法

 

しかし、例え自殺の恐れがあったり、何らかの事故や事件に巻き込まれている可能性があったとしても、それをきちんと警察に伝えられなければ行方不明者の届け出は通らないのです。

特異行方不明者の条件

特異行方不明者の申請をするには、必ず次の条件を満たす必要があります。

 

  • 犯罪に巻き込まれている恐れがある場合
  • 事故や災害によって命の危険がある場合
  • 精神障害がある場合
  • 自殺の恐れが有る場合

 

それでは、これらの条件を満たしていると証明できる証拠とは何か?
事項では特異行方不明者の証明のしかたについて詳しく解説させて頂きます。

特異行方不明者の証明

特異行方不明者の証明を行うには、その条件に合わせた証拠が必要となります。

 

犯罪に巻き込まれている恐れがある場合

犯罪に巻き込まれている恐れがある場合には、その証拠となるような失踪前の行動などについて詳しく警察にする必要があります。

 

例えば誘拐の恐れがある場合、そこには必ず突発的に姿を消した状況が残されているため、必ず行方不明になった状況について説明してください。

 

これが中学生以下のお子さんなら、まず間違いなく特異行方不明者として認められますが、高校生以上になってしまうと、単発的な家出であると判断されやすくなるのが現状です。

 

さらに成人した人間となれば、その状況に相当の異常性が認められない限り事件性すら認められないので、行方不明となった状況に説明はしっかりと行わなくてはなりません。

 

ただ、この時に気をつけて頂きたいのは、もしも行方不明者が何らかの犯罪に加担している恐れがある、もしくは過去に犯罪歴があったり、素行不良が認められるような場合には、やはり警察は積極的な捜索活動を行わなくなってしまう傾向にあります。

 

しかし、もしも友人や知人によってドラッグや危険行為などに付き合わされている、もしくはその可能性がある場合には、少年少女の福祉が害される危険があるとして行方不明者の届け出が行えますので、素行不良に関しては正直に警察に話した方が良いでしょう。

 

事故や災害によっ有った可能性が有る場合

事故や災害によって行方不明となった可能性がある場合というのは、成人した人間が最も早く特異行方不明の届出が受理され、本格的な捜索活動が行われる可能性があります。

 

ただ、そのためには必ず本人の行動に事故や災害に出会っている状況が認められなくてはならないので、本人がどこに向かったのか?その先で事故や災害が起きた可能性があるのかをしっかりと証明しなければなりません。

 

この中でも、車を運転して山間部に向かった、もしくは交通状況の悪い地域に向かっていたということはしっかりと警察に伝えましょう。

 

さらに、その先で災害が発生しているのならば、当然その災害地域で行方不明となっているとも考えられるので、最悪の場合を考えた行動を常に警察に求めてください。

 

また、一般的に事故に合うとは思われないような状況で、車にはねられて死亡している可能性が有ります(霧や吹雪で視界が悪い中、車にひき逃げされてしまうなど)

 

この場合、事故の証明は難しいですが、行方不明になった時の現地の天候などを調べることで事故の可能性が高かった事を証明できれば、特異行方不明者として証明することも可能です。

 

精神障害がある場合

精神障害が有る場合には、もちろんその旨を警察に伝えれば特異行方不明者の届け出を受理してくれます。

 

しかし、一時的なうつ病や、症状が改善に向かっている最中、もしくは直前に家族と突発的な喧嘩をしている場合などは、ただの家出として処理されやすいので気を付けなければなりません。

 

この場合、出来れば病症が突然悪化した結果、行方不明に至ったという説明のしかたをした方が良いでしょう。
下手に行方不明者の症状が軽いと言うのは逆効果ですので、絶対にやってはいけません。

 

さらに危険物を所持している、もしくは他者を傷つけるような発言をしていた場合には、自殺のみならず他者に害を与える可能性があるので、行方不明者を救うためにも、かならず警察に伝えてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

特異行方不明者に認定してもらう方法 まとめ

 

これ以外にも、行方不明者の死亡原因としても最も多い『自殺』についてきちんと説明しなければなりませんので、いかに行方不明者が危険な状態にあるのかキッチリと警察に伝えるようにしてください。

スポンサードリンク