スポンサードリンク

もしも家族に行方不明者が出た場合の申請や手続き

もしもあなたの家族が突然行方不明になったとしたら、貴方はどうしますか?

 

恐らく、自分の子さんや夫、妻、親が行方不明になったとしても、それを冷静に、かつ的確な行動を取れる人間など100%いません。

 

なぜなら、家族が行方不明になる事なんて人生に1度切り。
必ず人生で初めての行方不明となるので、誰でもが初心者の状態で家族を探しださなくてはならなくなるのです。

 

家族に行方不明者が出た時の申請手続きについて

しかし、行方不明者を探しだすための申請や届け出を行うにしても知識が無ければ何処に、どの様に届出をすれば良いのかわかりませんよね?

 

そこで、ここでは突然家族と連絡が取れなくなった場合の行方不明者の届け出についてご説明させて頂きますので、ご家族の捜索にお役立てください。

行方不明者の届出

行方不明者の届出を警察に行う事で、警察が捜索活動を行ってくれます。
また、この届出を行うのには一切お金が掛りませんので、家族に行方不明者が出たらまず真っ先に行方不明者の届け出を出さなくてはなりません

 

行方不明者の届け出を行うのは、行方不明者本人の所在地を管轄する警察署です。
もしも遠方に住んでいる家族が行方不明になった場合には、かならう現地に出向いて近くの警察署に出向いてください。

 

持ち物

行方不明者の届け出には『印鑑』と『身分証明書』の2つを必ず持参するようにしましょう。
基本的に、行方不明者の届け出は本人の肉親以外は行えませんので、自分の身分証を必ず持参してください。

 

行方不明者の届け出場所

行方不明者の捜索は生活安全課の担当となっている場合が殆どですが、直接その課には出向かず、警察署出入り口付近にある受付で申し出てください。

 

なお、行方不明者の届け出を出したからといって、警察が積極的に行方不明者を探しだしてくれる訳ではありません。

 

基本的には行方不明者の情報がかかく警察署に出回りますが、警察は他にも多くの仕事があるので、自発的な蒸発である行方不明者を探す余裕はないのです。

 

しかし、ある届出を行うと警察もより積極的に捜索を行ってくれるはずなのです。

特異行方不明者の届け出

『特異行方不明者の届け出』は、行方不明者を発見できるかどうかを別ける最も重要なポイントと言っても過言ではありません。

 

なぜなら、特異行方不明者の申請が通れば、警察はこの事件に『事件性がある』と判断するため、より積極的な捜索活動を行ってくれますし、場合によってはヘリコプターを使った創作活動まてやってくれます。

特異行方不明者の届け出

 

ただ、特異行方不明者の届け出は誰もが行える訳ではなく、以下の様な条件を満たす必要があるのです。

特異行方不明者の条件

特異行方不明者の条件は行方不明者発見の規則として厳しく定められており、それには以下の条件を満たしていなくてはなりません。

 

  • 殺人や誘拐といったなんらかの犯罪に巻き込まれ、命の危険が高い場合
  • 少年少女らの福祉(幸福的、もしくは安定した生活)が脅かされる場合
  • 少年少女らの生活を阻害する犯罪被害に会う場合(ドラッグ等)
  • 事故や交通事故などに会う可能性が高い場合
  • 自殺の恐れが高い場合(生活に不審点があったり、遺書が残されている場合)
  • 精神に重度の疾病状態が認められている場合
  • 危険物を所持し、自身、もしくは他者に害を及ぼす危険が高い場合
  • 幼児や少年、高齢者など、生活能力が低く他者の介助無しでは安全を確保できない人物の場合

 

もしもこれらの条件のどれか、もしくは複数を満たす場合には、管轄の警察署長の判断によって措置が決定され、特異行方不明者捜索のために特別な捜索活動が行われる事となります。

 

しかし、実は自殺の可能性があったり、命の危険があるような場合でも、警察はなかなか特異行方不明者の届け出を受理してくれませんし、例え受理したとしても、大々的な捜索活動が行われるのは大変稀なことです。

積極的な捜索が行われない理由

例え自殺の恐れがあったり、精神疾患がある、もしくは事故の恐れがあるといっても、警察が特異行方不明者の届け出を受理してくれなかったり、積極的な捜索活動が行われない場合もあります。

 

なぜなら、日本で発生する年間の行方不明者の数はおよそ8万人前後であり、このうち実際に特異行方不明者の条件を満たす人間はなんと4万人も居るのです。

 

そう、この4万人もの行方不明者全てにヘリコプターを動員したり、2000人もの警察官を動員したローラー作戦を展開できるわけもなく。

積極的な捜索が行なわれない理由

 

実際にそのような捜索活動が行われるのは、その中でもごく限られた人間(誘拐事件、殺人、災害による失踪)のみで、その他の人間にそのような捜索を期待できるわけもないのです。

 

スポンサードリンク